banner

banner

加圧トレーニングとは

加圧トレーニングを正しく行えば優れた効果が期待できますが、間違った方法で行うと
体に害を及ぼす恐れがあります。下記の注意事項を守って正しくトレーニングを行いましょう

体に異常を感じているときや、医師の治療を受けている方、持病のある方、下記の方は、
必ず医師と相談してからトレーニングを行ってください。

〇 心臓に障害のある方
〇 悪性腫瘍のある方
〇 妊娠中や生理中の方
〇 急性疾患、化膿性疾患、むくみや痛みを感じる方
〇 骨折、脱臼、肉離れ、骨粗しょう症の方
〇 平熱以上のある方
〇 皮膚疾患のある方
〇 安静を必要としている方
〇 高血圧の方
〇 風邪気味、体調が優れないなど、体が健康状態にないかた
〇 飲食後の方
〇 起床2時間以内、エネルギーを取らない状態では、トレーニングを行わないでください

〇トレーニングの途中で動機、息切れ、めまい、気分が悪いなどの異常を感じたら直ちに
トレーニングを中止し、医師に相談してください。

〇風邪気味、疲労感がある、睡眠不足のことなど体調が悪いときはトレーニングを行わないでください。

〇飲酒後には絶対に加圧トレーニングを行わないでください。

〇加圧値を変更したい場合は必ず指導者の指示に従ってください。

〇トレーニングの頻度、加圧時間は指導者の指示に従い、それ以上は絶対に行わないでください

〇加圧するための道具は加圧トレーニング本部、又は、全国の支部で扱っている加圧ベルト以外の物は絶対に使用しないでください。また、加圧する位置も、専門のトレーナーの指示に従い、部位には装置しないようにしてください。